SMBCモビット学生

SMBCモビットの実質年率と返済金額について考えてみる

 

 

 

SMBCモビットで適用される金利は、実質年率で3.0%〜18.0%となっています。


 

金利というのは、既に何度か消費者金融などでお金を借りたことのある人であればある程度は聞いたことがあるかもしれませんが、利用したお金の金額に応じて発生する利息の金額を設定するための率のことです。

 

年率は一年の間にお金を利用した場合の利息の金額を計算するためのものであり、SMBCモビットの場合はその年率が3.0%〜18.0%という設定になっています。

 

さて、この金利の確認方法ですが、ここで注目すべきなのは最低金利の3.0%ではなく最高金利の18.0%のほうです。

 

 

というのは、SMBCモビットで最低金利の3.0%が適用されるということは初めて利用する人にとってはほとんど関係がないからです。


 

SMBCモビットの場合、最低金利である3.0%が適用されるケースというのは、最大限度額の融資を受ける場合のみであり、特に初めてSMBCモビットからお金を借りるという人であればほぼ最低金利が適用されるということはありません。

 

むしろ初めて融資を受けるという場合であればその金額にもよりますが、ほとんどの場合は最高金利の18.0%が適用されると考えておいたほうが良いでしょう。

 

実はこの金利という考え方は、SMBCモビットでお金を借りる場合の返済に大きく関わってきます。

 

 

返済には利息も含めて支払う必要があり、その利息というものは金利によって計算されるためです。


 

当然ながら金利が低いほうが利息も少なくなり、それだけ返済額も少なくなるのですが、SMBCモビットの場合は18.0%という利率設定のため利息を少なくするための方法としては早く返済を行うという方法に尽きます。

 

SMBCモビットの利息というものが、利用した期間に応じて計算される仕組みになっている以上は、その金額を少なくするためにはできるだけ早く返済を終わらせること、これが最も基本となります。

 

ある意味当然といえることかもしれませんが、即日融資を利用してお金を借りるのであればこうした点は押さえておきたい「基本」といえます。

ここに注意!SMBCモビットは銀行のカードローンではありません

 

消費者金融の一覧にも掲載されている優良消費者金融のSMBCモビットの持つメリットには様々なものがあります。

 

たとえば誰にも会わずに申し込みから契約まで進めることができるWEB完結や、最短でその日のうちに融資を受けることが可能な即日融資など、実際に消費者金融を利用するうえで必要とされる様々なニーズに対応した業者といえるでしょう。

 

とはいえ、SMBCモビットを利用するにあたりやはり気をつけておくべき部分というものはあります。デメリットと呼ぶほどではないまでも、気をつけておくべき部分としてはひとつは「銀行系カードローン」ではない、という点です。

 

 

よくSMBCモビットは「銀行系カードローン」と混同されることがありますが、あくまでもSMBCモビットの経営母体は変動していますので、銀行ではないということです。


 

なぜこのような混同をする人が多いのかといえば、おそらくSMBCモビットにはアコムやプロミスのようないわゆる専用ATMというものが設置されていないためであると考えられます。

 

アコムやプロミスなどの消費者金融の多くは、契約の申し込みに利用できる自動契約機が設置されており、その自動契約機では返済などに利用可能な専用ATMが用意されている場合がほとんどです。しかし、SMBCモビットには専用のローン申込機こそあるものの、返済や借入に特化した専用ATMというものがありません。

 

そのローン申込機についても単体で存在するわけではなく、銀行の内部に設置されていることが多いため、こうした「外見上のシステム」的な要素から、SMBCモビットが銀行系カードローンであると混同してしまう人が多いと考えられます。

 

銀行系のカードローンではないので、要はアコムやプロミスと同じ消費者金融と考えればわかりやすいと思います。実際の利用についても、消費者金融と同様に毎月決められた日に決められた金額を返済するというのが基本的な流れになりますので、まずは深く考えずに利用してみると良いでしょう。

SMBCモビットに専業主婦は申込める?

SMBCモビットは貸金業者ですから、

 

 

総量規制がありますので収入のない専業主婦は申込めません。


 

専業主婦は総量規制対象外の銀行カードローンしか申込めません。(配偶者貸付を実施している貸金業者は皆無です。)

page top