三井住友銀行カードローンにも劣らない

最近では、無人契約機や自動契約機と言ったものを設置している消費者金融が多くなっております。しかし、そんな無人契約機や自動契約機の元祖として名高いのが、アコムです。

 

アコムの「むじんくん」は、無人契約機の代名詞的な存在です。アコムのむじんくんがあれば、カードの申込から審査、カードの契約から実際のカード発行までアコムでは即日融資がその機械で行うことが出来るのです。

 

むじんくんの優れていることは、大幅な時間短縮をしていること。カードの発行までに時間のかかることといえば、本人を確認する書類の郵送です。これで3日くらいはかかってしまいます。

 

 

ところが、アコムのむじんくんでは、本人確認書類をスキャンすることによって、郵送手続きを不要としているのです。


さらに、カードもその場で発行されるということです。そのカードも、キャッシング専用のカードだけでなく、クレジットカードまで発行されるという優れものです。三井住友銀行カードローンにも劣らない便利さがあります。

専業主婦だと三井住友銀行カードローンは難しい

今は専業主婦なんですが、主婦でもカードローンの審査って通るんですね。まあ、旦那は普通に収入ありますし、私自身もパートで収入がありますからね。

 

買い物するのって、主婦がメインだから、カードがないと不便ですし、何十万も現金持ち歩きたくはないですよね。この間、自分用に電動自転車を買いました。前に子供が乗せれるタイプです。

 

確か、16万くらいだったと思います。子供乗せるなら、電動じゃなくと、ちょっときついかなと思ったので。

 

 

普通の自転車も、自分用であったのですが、タイヤがもう限界で、タイヤ交換すくらいなら、新しく買った方がいいんじゃないかってくらいだったんです。


自転車の本体価格が1万2千円なのに対し、タイヤ交換は1個5千円かかるんです。タイヤ高いですね。だからと言って、16万円の電動自転車はかなりの予算オーバーになったんですが。長く大事に使わせていただきます。

 

ローンがまだありますしね(笑)自転車買ってきた!と言って帰ってきた私に対し、旦那がいくらした?と聞いてきたんですよね。値段言ったら絶句してました。審査が通ったばかりのカードローンでの初購入は自転車でした。

 

ですが、三井住友銀行カードローンは専業主婦だと難しいようです。

無担保ローンを活用

私が行った結婚式の費用の総額は140万円でした。招待客が30名で少なかったことと、私がお色直しをしなかったので少し安くすることができました。結婚式の費用の捻出方法としては主にご祝儀でまかなうことができました。

 

あまり貯金がなく、結婚式にそれほど費用をかける気持ちもなかったので自己負担額は20万円程度でした。結婚式を行う際に大変だったことは式場選びでした。多くの結婚式場から好みに合った式場を選択するのに時間がかかりました。

 

また挙式のための準備に関しても、テーブルクロスの色や料理、引き出物など様々なことを全部決めていかなければならないので苦労しました。お互いの両親は遠方で暮らしており、主人も仕事が忙しいためほとんど協力はしてくれませんでした。しかし

 

 

近所に叔母と従姉妹が住んでいるので・・・


一緒に式場へ行って打ち合わせをしたり、ペーパーアイテムなどの作成を手伝ってくれたので助かりました。やはり結婚式は周囲の協力がないと大変だと感じました。それに負担は少なかったのですが無担保ローンを活用しました。